2匹のうさぎ 伊藤 愛莉

 

化粧品やシャンプー、美容液。美しさのための商品の裏側では、多くの動物が惨い実験の犠牲となってきた。人に愛情を注がれるうさぎと実験施設でおそろしい目にあう2匹のうさぎを対比する物語を冊子とし、それをクリーンであることを表明していない製品と一緒に置くことで盲目な製品と消費者へのアンチテーゼとした。 

http://Tamazon.com  宇都宮 立樹

 

多摩美術大学の学科ごとに存在する”特有の悩み”を学科生にそれぞれリサーチをし、それらを解決するアイテムを作成した。 学科ごとに全く内容が異なり、所属の生徒しか使うことのできない「専用アイテム」となっている。展示ができないその他の商品は「Tamazon.com」で詳しい商品詳細を閲覧することができる。

建築すごいぞ!!通信 遠藤 惠美子

 

「建築のすごさを、もっと多くの人に伝えたい!」という想いから作った、建築を紹介するフリーペーパーです。ターゲットは、〈建築に興味はあるけれどハードルを感じている人〉。建築=ムズかしそうというイメージを払拭するため、親しみやすさを重視し、漫画とイラストを紙面に沢山盛り込んでいます。

Seafloor finding WANG  YAFEI

 

プラスチックは非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減などあらゆる分野で私たちの生活に貢献している。一方で廃棄物·資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もある。プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していくためこのゲームを考えました。

ぼくの山車展 大庭 聖生 

 

幼少期の頃からの夢だった山車の設計をしました。設計した山車は、私の故郷である茨城県土浦市の山車を想定しています。 歴史と地理の観点から土浦の山車を分析、パターンごとに再設計をし、そこから土浦の新しい山車のかたちをデザインしました。 

Sphere 加藤 萌夢

 

人が行動を起こすことで、少しずつ場が変化していく。すると後に誰かが使用していたんだなという、人の気配が残る。その気配だけでも好奇心や安心感を煽り、そこにいた人のことを考える。それは人の繋がりを生むと考えた。この繋がる「流れ」を楽しさで彩っていける作品を目指し、玩具という形で制作を行なった。

垣根をなくすボードゲーム 星 光峰

 

これまで空間デザインについて専門的に学んだことのない人に向けて、空間デザインへの興味や理解を深めることを目的とした2種類のボードゲームを制作した。老若男女問わず、みんなで楽しく遊びながら空間デザインのおもしろさに触れ、より身近に感じられるきっかけとなることを願っている。